描くこと・書くこと/Drawing and Writing

July 19, 2016


*See below for the English version.

 

 描くこと・書くことは、ペンと紙があれば出来る。とてもシンプルな行為なのに、そこから生み出される世界の可能性はとても大きい。私たちはそれらの作品に幾度涙を流し、励まされ、心を動かされてきたのだろう。私にとっては、描くこと・書くことの両方の行為が、私を救い、導き、人生に向かう大きな動機となっている。
 美とは目に見えるものか。私は結局のところ美は目に見えないものだと思う。やはり美は感じるものである。「芸術」は、視覚だけで、聴覚だけで感じるものではなく、自分の神髄で感じるものなのだ。心が揺れ動くこと、鳥肌が立つこと、身震いがすること、背筋に悪寒が走ること、涙が出ること…。その直感を大切にしたいと思うし、それこそが芸術の原点ではないだろうか。
 だから私は自分の絵や詩に、自分の中で蓄積してきた正直な感情をぶつけている。スキルもないし、洗練もされていないけれど、いつも自分に、作品に、誠実でいたいと思っている。
 自分の作品を発表するようになり、自分の作品を通して、いろんな方々と交流できるようになったことを本当に嬉しく思っている。そういう機会を得て、改めて、表現することも自分勝手でいけないと感じる。
 十代、二十代前半は、描くこと・書くことによって自分自身が何よりも救われていたように思う。自分自身の訳のわからない感情を形にすることによって、自分を認識していた。そして、何より表現行為が楽しかった。
 最近では作品をどう見られるかを意識したり、格好つけてしまう節があり、よくないなと感じる。作品に対して純粋であること。大人になればなる程、キャリアを積めば積む程、それはどんどん難しくなるような気もする。だけど、本当の気持ちで出来た生の作品を作り続けたいと思う。これからも私は表現することを楽しんでいきたい。

 

 Drawing and writing are possible if there’s a pen. Although they are a very simple action, the possibility of creating a world with them is exceedingly big. We don’t know how many times did art works encourage and move us. For me, both actions, drawing and writing save and lead me, and can become a big motive for my life.
 Is beauty a visible thing? I think it’s an invisible thing after all. Sure enough, art is what we feel. ART isn’t felt by only the sense of sight and hearing, but by the essence. Moving, having goosebumps, shuddering, chilling to the bone, crying and more. I’d like to take care this intuition and I think it’s the origin of art.
 So, I’ve thrown the honest emotions I’ve accumulated in my mind into my paintings and poems. Although I have no skills and am not refined, I’d always like to be sincere to myself and my works.
 I’m very glad to get to communicate with many people through my works exhibiting and publishing them. I feel expressing shouldn’t be selfish, getting chances like that all over again.
 In my teens and early twenties, drawing and writing saved me better than anyone else. I became aware of myself giving my own confused emotion some forms. And then, the expressing action was more pleasant than anything else.
 Recently I feel it’s not good to be conscious of my works being criticized and make them look as cool as possible. To be pure in my works, it’s harder and harder as I get older and older and build my career, I think. However, I’d like to keep creating live works made of real feelings. I’ll keep enjoying expressing from now on.
 

 

 

 

Please reload

© 2014 by Naomi Ohashi. Proudly created with Kazumi Ohashi.